172 古伊万里 KOIMARI 染付 露草文 蕎麦猪口
57e8750d00d3312b22011ed6 57e8750d00d3312b22011ed6 57e8750d00d3312b22011ed6 57e8750d00d3312b22011ed6 57e8750d00d3312b22011ed6

172 古伊万里 KOIMARI 染付 露草文 蕎麦猪口

¥8,640 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥8,000- <古伊万里 染付 露草文 蕎麦猪口> 時代: 江戸中期 寛延~安永年間 1750 -1780年代 状態: 見込み画像でお判りのように口縁は心持ち楕円気味でソバカスが見込みと内側壁面にそれぞれ一つずつあります。3番目の画像で見られるように、釉薬の付け過ぎでしょうか、雫のようなタマが側面に見られます。高台内側に若干のバリがあり、畳付きには経年スレがありますが、ホツやニューなどのキズはありません。 サイズ:口径:7.2cm 底径 5.1cm 高さ:5.6cm 江戸中期、肥前地方で焼かれた露草文の蕎麦猪口です。ほぼ同時期に焼かれた草文の蕎麦猪口とよく似ています。この伊万里丸ショップにも一点ほど江戸中期の草文がエントリーしています。文様は露草文ということですが、デザイン的には、斜めに描かれた交叉線の本数が草文より多く、小さな丸い球が数個、上方に施されているものです。言わば草文のバリエーションの一つ、或は草文が展開されたものと見ることが出来るでしょう。アイテム番号156 の草文蕎麦猪口と同じくベタ底高台で見込みは無文です。 172 Dayflower Pattern Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Mid to Late18th Century, Edo Period Dia.: 7.2cm (top), 5.1cm (bot.) Hgt: 5.6cm Condition: As seen in the 4th picture, there are freckles on the inside bottom and inside wall, and the rim is somewhat oval shape. The glaze on the body might be so thick that a few drops of the glaze are remained. The Kohdai platform is a bit rough, but no chips or cracks. This Sobachoko was manufactured between 1750s and 1780s.The design of this Sobachoko is simply composed of a series of cross grasses, like #156 Cross-grass pattern Sobachoko. It has more crossing lines than #156, and a few small balls are added on the upper parts of the lines. This Dayflower Design is, so to say, one of the variations of #156 Cross-grass pattern. It does not have a Mikomi mark. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.