139 古伊万里 KOIMARI 染付 格子・鼓文 蕎麦猪口
563c5c063cd482d2d900024d 563c5c063cd482d2d900024d 563c5c063cd482d2d900024d 563c5c063cd482d2d900024d 563c5c063cd482d2d900024d

139 古伊万里 KOIMARI 染付 格子・鼓文 蕎麦猪口

¥8,424 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥7,800 <染付 格子・鼓文 蕎麦猪口> 時代:江戸後期~幕末 1820~1860年代 状態:完品。ホツやニューなどのキズはありません。ただ焼成温度が高過ぎたのでしょう、口縁内側の呉須が流れてしまい、何の文様か判別し辛いところですが、口縁模様は七宝繋繋(しっぽうつなぎ)のようです。 サイズ:口径:7.0cm 底径 : 5.8cm 高さ:6.0cm 古伊万里・蕎麦猪口の意匠には、動物、植物、幾何学模様などの他に風景や器物などが描かれています。器物に関して言えば、手水鉢・柄杓(ちょうずばち・ひしゃく)が描かれた蕎麦猪口がこのギャラリーショップにエントリーしています。同じ器物でも楽器が描かれているのは珍しいことです。縦縞の中の意匠は、鼓(つつみ)です。三味線や琴、あるいは尺八などの邦楽楽器があってもよいと思うのですが、ついぞ見た覚えがありません。見込み文様は、波兜。青海波(せいがいは)と共に、兜(かぶと)の鍬型(くわがた)と呼ばれるツノ状のものが描かれています。これもやはり波をモチーフにしたものと考えられています。環状であることから、江戸後期に盛行していた『岩波文』の岩なし環状文かなと思ったりもします。時代的には文政年間、1820年頃に登場し幕末頃まで描かれたようです。  *137 藤・丸文/107 格子文/ 78 羊歯文などの蕎麦猪口の見込み文様が岩波文です。 139 Tsutsumi Drum Design Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Early to Mid 19th Century, Edo Period Dia.: 7.0cm (top), 5.8cm (bot.) Hgt: 6.0cm In the design of Koimari Sobachoko, many kinds of things are depicted, such as animals, plants, geometrical figures, landscapes and instrumental items. As for instrumental item, there is a Chozubachi/Hishaku, or water-basin and ladle, Sobachoko in this gallery shop. It is very rare to see traditional music instrument as Sobachoko design. It seems that this Tsutsumi drum is the only thing we see among traditional Japanese music instruments: no Shamisen, Koto, or Shakuhachi. The Mikomi mark on the bottom of the Sobachoko is "Nami-kabuto". Nami literary means waves and Kabuto means warrior's helmet. Two horn-like things make it look like a warrior's helmet. However, they are actually considered waves, as well as three fan-shape "Seigaiha-mon" waves. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.