P-70 古伊万里 KOIMARI 連珠文 膾皿
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

P-70 古伊万里 KOIMARI 連珠文 膾皿

¥3,080 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥2,800- *この 連珠文 膾皿は、複数枚ございます。ご希望の枚数をお選びくださいませ。程度のよいものから発送致します。 <古伊万里 染付 連珠文 膾皿>  時代:幕末〜明治期 状態:見込み近辺の釉面上にピンホールが若干見られるものもありますが、これは焼成時に出来たものでキズとは見做されていません。画像でお判りになれると思いますが、一枚の口縁に小豆大の顔料呉須が付着しています。高台に経年のスレが見受けられますが、ホツやニューなどのキズはなく、どれも程度は良好です。 サイズ:口径:15.0cm 底径 9.3cm 高さ:4.4cm この膾皿 (なますざら) の文様を微塵唐草 (みじんからくさ)と呼ぶ人がいます。しかし描かれた文様はみじん唐草とは明らかに異なっています。微塵唐草模様は馬蹄形 (うまのひづめ) あるいは U字型の細かな模様を蔓の周りに有機的に、また半ば不規則に散りばめたものです。この膾皿の文様は、プカシェルをネックレスにしたような数珠 (じゅず) 状の繋がりで、唐草の蔓もありませんから「微塵唐草文」というより「連珠文」と言ったほうが当を得ている気がします。染付けは明治期に広まった、いわゆるベロ藍でしょうか、強めのコバルトブルーです。見込みは松竹梅のモチーフを輪の中に描いた環状松竹梅 (かんじょう・しょうちくばい) 。 p-70 Juzu-mon Pattern Namasuzara Plate, Koimari Sometsuke Period: Late 19th to Early 20th Century, Meiji Period Diameter: 15.0cm (top), 9.3cm (bot.) Hgt.: 4.4cm Comment: Some call the pattern name of this Namasu-zara as Mijin-karakusa, but it is obviously different from common Mijin-karakusa pattern. Because Mijin-karakusa is depicted with a vine and many horseshoe-like or the letter of U-like tiny things almost irregularly scattered around the vine. The pattern of this Namasu-zara looks like a series of Puka shells, like a puka necless, or Buddhist rosary. So it would be more suitable to call it "Juzu-mon", or "Buddhist rosary pattern". The Sometuke work was done with Bero-ai, imported Cobalt pigment from Berlin, showing a strong cobalt color. The central motif is a lucky Sho-Chiku-Bai pattern, or pine, bamboo and plum. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.