P-109 古伊万里 KOIMARI 色絵 青龍文 豆皿 5枚セット
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

P-109 古伊万里 KOIMARI 色絵 青龍文 豆皿 5枚セット

¥20,900 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*こちらの色絵 青龍文 豆皿は、おかげさまで完売となりました。ありがとうございました。 本体セット価格:¥19,000- <古伊万里 色絵 青龍文 豆皿>  
 時代:江戸後期
 状態:一枚にのみステイン(サビ)が一箇所見受けられますが、(下段、右の2枚)5枚ともホツやニューなどのない美品です。 口径:9.7cm 底径 5.1cm 高さ:2.5cm (サイズにそれぞれ若干の誤差があります) 本体外側の文様は、先端が尖った楕円形を複数、配置して紐(ひも)で繋ぎ合わせたもので七宝繋(しっぽうつなぎ)と呼ばれています。肥前佐賀の鍋島家(なべしまけ)の藩窯で焼かれた磁器を「鍋島」と言いますが、鍋島の皿や鉢にはこの七宝繋がよく描かれています。見込みに描かれた青龍は、方位を示す霊獣のうち東方を司ります。因みに西は白虎(びゃっこ)、南は朱雀(すざく)、北は玄武(げんぶ)です。奈良県明日香村の高松塚古墳の石室壁画にこれらの霊獣(四神とも言われています)が描かれていたことは、1972年の発掘後、世に知られるところとなりました。 
p-109 Blue Dragon Design Mame-zara Plate, Koimari Iroe Period: Latter Half of Edo Period 
Dia.: 9.7cm (top), 5.1cm (bot.) Hgt.: 2.5cm 
Comment: 
The motif outside of each plate body is composed of a few oval shapes tied up each other with ribbons. They are called "Shippoh-tsunagi". "Nabeshima" porcelains frequently applied this Shippoh-tsunaigi design on their plates in particular. The Nabeshima was the topnotch porcelain kiln in Japan at that time run by the Hizen Nabeshima clan. Blue dragon depicted on the bottom of plate is supposed to be the one of holy animals that rules over the directions of the East. Likewise, white tiger for the West, vermilion bird for the South and black tortoise for the North. It became well-known that these fictional animals were actually drawn on the walls of the Takamatsu-zuka tumulus in Asuka Village, Nara prefecture, shortly after the tumulus was excavated in 1972.

 ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 
※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.