S-04 古伊万里 KOIMARI 蛸唐草文 蕎麦猪口
5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc 5d8ec7235b61b42485628ecc

S-04 古伊万里 KOIMARI 蛸唐草文 蕎麦猪口

9,350 JPY

About shipping cost

<染付 蛸唐草文 蕎麦猪口> 時代: 江戸中期 明和~寛政年間 1770-1790年代 状態: 口縁は緩い輪花型、蛸唐草文様の蕎麦猪口です。蛸唐草文は、限られたスペースの中で軽快に描かれています。外側側面にピンホールが一つ、内側壁面に小さなシミが二、三見受けられますが、ホツやニュウなどはありません。座りもしっかり安定しています。 サイズ: 口径 7.6cm 底径 5.8cm 高さ 6.2cm 本体価格:¥8,500- この蛸唐草文の蕎麦猪口に描かれた見込み文様は『五弁花』と呼ばれています。五弁花文は、もともと肥前・有田の柿右衛門窯で製作された器に施されたものです。当初はいわゆる『柿右衛門様式』の皿や鉢など、色絵製品にのみ色絵の五弁花が見込み文様として描かれていました。しかし17世紀末頃になると色絵による五弁花は、たとえ色絵の器であっても、見込みの五弁花は、染付けによるものに変わっていきます。以来、五弁花は主要な見込み文様として描かれ続けます。その一方で、蕎麦猪口の市場が拡がるに連れて、百花繚乱とも言えるほどの様々な絵柄と見込み模様が現れ、五弁花は19世紀の初め頃には姿を消していきます。 ※ 古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。