182 古伊万里 KOIMARI 花弁・市松文 蕎麦猪口
58801829a458c0c4b30066d6 58801829a458c0c4b30066d6 58801829a458c0c4b30066d6 58801829a458c0c4b30066d6 58801829a458c0c4b30066d6 58801829a458c0c4b30066d6

182 古伊万里 KOIMARI 花弁・市松文 蕎麦猪口

¥7,884 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

* こちらの 花弁・市松文 蕎麦猪口は、おかげさまで売り切れとなりました。有り難うございました。本体価格:¥7,300- <染付 花弁・市松文 蕎麦猪口> 時代:江戸後期、天明~文政年間 1780~1820年代 状態:口径が7.8cm、高さ6.0cmですから、心持ち小振りかなという感じの花弁・市松文蕎麦猪口です。見込みにピンホールが数カ所とソバカスが一つ、内側壁面にもソバカスが一つあります。胴体側面にはピンホールが一つ見られます。焼成中、窯の中で高台部分が砂を拾ったようで、それがバリとなって付着しています。一番左の画像で、中央下の花弁文がある枡形(四角形)の右下底面が丁度この部分にあたります。見込み文様は少々分り辛いですが、五弁花のようです。ホツやニューはなく、座りは安定しています。 サイズ:口径:7.8cm 底径 6.0cm 高さ:6.0cm 市松文は古くから多くの国で用いられています。ブリタニカによると、日本では古墳時代の人物埴輪の服装や、奈良の正倉院宝物の染織品にも見受けられるそうです。蕎麦猪口の絵柄としては、17世紀の終わり頃には文様として登場しています。呉須顔料による藍と白の一般的な市松模様、その単純な幾何学的構成から展開された絵柄は様々です。白い部分に四方襷文(よもだすきもん)を描き込んだものは最もポピュラーで、古伊万里好きの方なら、誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか。またその白い部分に青海波文(せいがいはもん)を施したもの、或はその白い部分に羊歯 (ようし:シダ植物)を描いたもの、幾何学模様をほどこしたものなどバリエーションは豊富です。この蕎麦猪口は、そのうちのシンプルな花弁を描いたものです。 182 Checker Pattern with Flower-petal Design, Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Late 18th ~ Early 19th Century, Edo Period Condition: The size of this Sobachoko is 7.8cm in diameter and the height is 6.0cm, which makes you feel rather small as a Sobachoko. There are several pinholes and a freckle in the Mikomi area, or the inside bottom. There are also one or two freckles on the inside wall. As for the outside, a pinhole is seen on the body. Apparently, the Kohdai platform picked up a little sand in the course of its firing, but it sits well. Mikomi mark is, though hard to tell, the five-petal-mon. No chips or cracks. Dia.: 7.8cm (top), 6.0cm (bot.) Hgt.: 6.0cm Since ancient times checker design has been one of the most popular patterns applied to many things in many countries. According to Britannica dictionary, They can be observed on clothing of ancient clay figure during the Japanese tumulus period (3~7th century AD), and dyed fabrics stored in the Repository of Shoso-in Treasure House in Nara-city (7~8th century AD). With regard to Sobachoko design, it appeared towards the end of 17th century as a designed pattern. Generally typical Ichimatsu-mon, or the checker design, is composed of two types of squares, one is blank and the other is painted cobalt color with Gosu pigment. They alternate each other and make the pattern. This simple design has a lot of variations by adding some kind of motifs into blank squares, such as Seigaiha-mon (fish scales), Yohshi-mon (ferns) and hana-mon (flower petals) like this Sobachoko. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.