162 古伊万里 KOIMARI 染付 寒山拾得図 蕎麦猪口
57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a 57863367a458c09d70001d7a

162 古伊万里 KOIMARI 染付 寒山拾得図 蕎麦猪口

¥11,880 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

* こちらの寒山拾得図 蕎麦猪口は、おかげさまで売り切れとなりました。有り難うございました。本体価格:¥11,000- <古伊万里 染付 寒山拾得図 蕎麦猪口> 時代: 天明~寛政年間、1780~1790年代 状態: 口径が9.5cm、高さが9.1cmありますので、比較的大振りの広東碗型の蕎麦猪口です。呉須の発色が良く、人物の表情もまずまず。綺麗な仕上がりです。高台中心に小さな釉ヌケがあり、画像ではそれがキズのように見えますが、これは釉ヌケです。畳付きに微細なソバカスが三つ四つ、それにノミホツが5時半の辺りにありますが、窯ヘコミのようなものです。 サイズ:口径:9.5cm 底径 6.1cm 高さ:9.1cm 寒山・拾得(かんざん・じっとく)は、中国、唐の時代(618-907)に天台山(浙江省)、国清寺の豊干(ぶかん)禅師に師事した有髪の僧です。拾得は豊干禅師に松林で拾われ養われたので拾得という名前が付きました。寒山は国清寺近くの洞窟に住んでいたので寒山といい、国清寺に足繁く通っていました。拾得が国清寺の厨房係であったことから寒山は竹の筒に入れられた残飯を拾得から貰っていました。寒山と拾得は仲がよく、ともに世俗を超越した奇行が多く、その振る舞いや考え方は、自然や隠遁生活を綴った『寒山詩集』に見ることができます。後世になって彼らの言動に憧憬を抱く中国と日本の禅僧や文人によって格好の画題として頻繁に描かれています。 いくつか日本の作品例をあげると、室町時代の『霊彩(れいさい)による寒山図』、また『周文(しゅうぶん)による寒山拾得図』。桃山時代の『等伯(とうはく)による豊干・寒山拾得図』。江戸時代には、『蕭白(しょうはく)の寒山拾得図』、『芦雪(ろせつ)の寒山拾得図』などなど、多数の著名な画家によって描かれています。寒山は書籍を読み、拾得は帚(ほうき)を手にした図が一般的によく知られるところです。森鴎外にも『寒山拾得』という短篇があります。これはネット検索『森鴎外 寒山拾得 青空文庫』 で読めますので、関心のある方はご一読なさって下さい。 162 Two Zen Monks Design Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Late 18th Century, Edo Period Dia.: 9.5cm (top), 6.1cm (bot.) Hgt.: 9.1cm Condition: This is a Guangdong style of Sobachoko. The facial expressions of the two Zen monks are very good. and the Gosu pigment came out well on the whole. On the Kohdai platform, there are a few tiny freckles and a very tiny dent. No cracks or chips. Kanzan(Hanshan) and Jittoku(Shide) were legendary characters of Zen Buddhism in Tang Dynasty period of China. They studied under Teacher Bukan at Kokusei-ji temple of Mt.Tendai in Chekiang province. Jittoku literally means "picking up profit" in Chinese character. He was actually picked up in pinewoods and raised by his teacher Bukan. As for Kanzan, he dwelled in a cave of Mt.Kanzan close to Kokusei-ji temple. That's why he was called Kanzan. He visited Kokusei-ji temple frequently. Jittoku's chore was working in the kitchen. So he kept left over food in a bamboo cylinder and gave it to Kanzan. They got along very well and both often behaved eccentrically beyond secular manners. Their thoughts and behaviors are found in "Kanzan Poetry" book which describes nature and hermit life. In later periods, they were portrayed in China and Japan as an excellent motif by many prominent painters who adored their lives and characters. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.