151 古伊万里 KOIMARI 染付 七宝繋・四方襷文 広東型碗 蕎麦猪口
56cbb4a93bcba96a5200c23f 56cbb4a93bcba96a5200c23f 56cbb4a93bcba96a5200c23f 56cbb4a93bcba96a5200c23f 56cbb4a93bcba96a5200c23f 56cbb4a93bcba96a5200c23f

151 古伊万里 KOIMARI 染付 七宝繋・四方襷文 広東型碗 蕎麦猪口

¥4,860 税込

送料についてはこちら

本体価格: ¥4,500- <染付 七宝繋ぎ 四方襷文 広東型碗 蕎麦猪口> 時代: 江戸後期 天明~文化年間 状態: 蕎麦猪口の内側壁面と口縁近くに小さな釉トビがあります。またピンホールと細かいソバカスが数カ所見られます。口縁は円く、真円に近いのですが、高台は少し角張っています。側面から見る限り判りませんが、高台の内側にソゲ(片側だけのカケ)の直しとおぼしき箇所が一つあります。 サイズ:高さ:6.9cm 口径:8.5cm 底径:5.4cm 高台部分が高く、口縁が端反りの広東型碗の蕎麦猪口です。天明~文政年間(1780年代~1830年代頃) には当時の中国・清朝で流行った広東型碗に着想を得た蕎麦猪口が盛んに作られています。広東型碗の蕎麦猪口の見込み模様として火焔宝珠文(かえんほうじゅもん)、岩波文、花文などがよく描かれました。この蕎麦猪口の見込みはそのうちの花文です。花文は文化年間(1810年頃)まで描かれたようです。幾何学的なデザインが印象的な広東型碗の蕎麦猪口です。 151 Diagonal-Lattice Pattern Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Late 18th ~ early 19th Century, Edo period Condition: There are couple of tiny glaze-missed spots near the rim and inside wall. There are also a few freckles on the wall. While the shape of the rim is close to a circle, the Kohdai platform is somewhat rectangular. A repair spot, apparently, is seen, if you take a look at inside the Kohadai platform. Hgt.: 6.9cm Dia.: 8.5cm (top), 5.4 cm (bot.) The shape of this Sobachoko is known as the Guangdong soup-bowl, a bit raised platform with the edge curved outward. During the period above a considerable number of Guandon style Sobachoko were fired in the Hizen region.The floral Mikomi mark on the inside bottom is one of the frequently applied designs for Guandon style Sobachoko up to1810s. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.