149 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 向付
56adce20be6be390e400bd76 56adce20be6be390e400bd76 56adce20be6be390e400bd76 56adce20be6be390e400bd76 56adce20be6be390e400bd76

149 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 向付

¥8,964 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥8,300- <染付 芙蓉手 向付け> 時代:江戸後期
 状態:『146 芙蓉手向付け』と同じロットのものですので、146番と同様に内側の絵柄は呉須が強く、見込みの鳥がシルエット状態になっています。左から三枚目の画像、11時の辺り、口縁近くに小さな釉ヌケが二三見受けられます。これは四枚目の画像でも確認出来ます。高台畳付きに3〜4ミリの黒く細い線が見られますが、ホツやニューなどのキズはありません。比較的、薄手の造りです。  サイズ:口径:10.1cm 高さ:5.6cm 底径 : 5.2cm
 芙蓉手というのは、主要な絵柄を見込みエリアに描いて、周りを蓮弁に見たてた枠で区切り、その枠の中に花卉文 (かきもん)、そして巻物や隠れ蓑(かくれみの)などのいわゆる縁起物の文様を描き込んだ様式の磁器のことを指します。この向付けの見込みには鳥が描かれていますが、この他にもメインとなる絵柄として蝗虫(こうちゅう・バッタのこと)、鹿などの動物の他、花かごなども描かれています。こういった古伊万里の意匠は、古染付と呼ばれる明代・景徳鎮で焼かれた磁器の影響を強く受けています。このギャラリーショップの <47 染付 芙蓉手 輪花皿> の項には、そのあたりの事情が概略的に書かれていますので、よろしければ参考にして下さい。 149 Fuyohde Floral Design with Bird, Rinka-Mukohzuke-bowl, Koimari Sometsuke Period: Late Edo Period Condition: This Fuyode bowl belonged to the same lot as the "146 Fuyode bowl". So, the Gosu pigment in the inside drawing is so strong that the bird appears as its silhouette, just like #146. Both the third and fourth pictures show a few of glaze-missed spots right next to its rim. This bowl has a tiny 3~4mm long dark line on the Kohdai platform, but does not have any cracks or chips. Dia.: 10.0cm (top), 5.1cm (bot.) Hgt.: 5.6cm "Fuyode" has been one of the most popular Koimari porcelain styles, especially plate or bowl. It is a stylized porcelain painting, drawing main motif in the bottom of bowl or plate, dividing the bank area around it into eight windows or so, and then placing floral motifs or lucky symbols in each window, just like this Fuyohde Rinka-bowl. In this gallery shop, the section of <E-47 Fuyohde Floral Design with Bird Plate > mentions about the brief history of Fuyode style. Please refer to that article. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.