145 古伊万里 KOIMARI 染付 牡丹図 覗猪口
56935417be6be32c3c002c6e 56935417be6be32c3c002c6e 56935417be6be32c3c002c6e 56935417be6be32c3c002c6e 56935417be6be32c3c002c6e

145 古伊万里 KOIMARI 染付 牡丹図 覗猪口

¥3,888 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥3,600- 時代:江戸後期、天明~文政期頃
 状態:見込みと内側壁面に小さなソバカスが二三あります。高台畳付きに少しラフな箇所がありますが、ホツやニューなどはありません。  サイズ:口径:5,0cm 高さ:5.5cm 底径 : 3.4cm
 この覗き猪口の製作年代は定かではありませんが、時代的には江戸後期のものです。意匠は牡丹でしょうか、ダミ筆と呼ばれる塗りつぶし用の太筆を使わず、線によって構成されています。このような描画法は『素描き』と呼ばれており、中国・清朝磁器の影響とされています。 この技法を用いた蕎麦猪口の意匠として、雲竜文は古伊万里好きの方には馴染みがあるのではないでしょうか。このギャラリーショップ伊万里丸にも素描きによる <101 宝珠竜文蕎麦猪口>がエントリーしています。宝珠竜文蕎麦猪口の製作年代は1780~1820年代で、元号では天明~文政期頃。この時代は、広東碗型の蕎麦猪口が登場して衰退してゆく時期と重なります。 この覗き猪口の蓮弁文様に目をやると、直線的な構成ではなく、まさにフリーハンドでカジュアルに描かれていることに気付きます。こういった蓮弁文様は蕎麦猪口で言うと、大まかには1810年以降に焼かれたようです。このことから、この覗き猪口は1820年前後、文化・文政期頃に焼かれたものではないでしょうか。 145 Peony Flower Design Nozoki-choko, Koimari Sometsuke Period: Early 19th Century, Edo Period Condition: There are a few freckles on the inside wall and Mikomi area. But it does not have any cracks or chips. Dia.: 5.0cm (top), 3.4cm (bot.) Hgt.: 5.5cm It is difficult to define when this Nozoki-choko was manufactured. This one belongs to the late period of the Edo era. The flower on the body may be peony. The design of the body is composed of various lines, not with thick "Dami brush" to paint. This type of technique is called "Sugaki ", or plane drawing, and an influence from Chinese porcelains during the Ching dynasty. "101 Flying Dragon Design Sobachoko" in this gallery shop has a dragon design with "Sugaki" technique, and is popular among Koimari collectors. This Sobachoko was manufactured between 1780 and 1820s, the Tenmei~ Bunsei period in the Japanese dating system. This time period is the same as the emergence and decline of the Gwangdon bowl style Sobachoko. If you take a look at the lotus-design pattern below the peony flowers, you will notice that the lines are not straight, and that they are casual and drawn with free-hand. In the case of this type of Sobachoko, they were fired roughly sometime after 1810. From these, it is conjectured that this peony Nozoki-choko was manufactured around 1820, the Bunka/Bunsei period of the Edo era. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.