142 古伊万里 KOIMARI 網目文 広東型 蕎麦猪口
565d13693cd482a21a00429b 565d13693cd482a21a00429b 565d13693cd482a21a00429b 565d13693cd482a21a00429b 565d13693cd482a21a00429b

142 古伊万里 KOIMARI 網目文 広東型 蕎麦猪口

¥7,020 税込

送料についてはこちら

本体価格: ¥6,500- <染付 網目文 広東型 蕎麦猪口> 時代: 江戸後期、享和~文政年間、1800-1820年代 状態: 高台にホツが一つと経年のスレがあります。画像でご確認下さい。見込みに細かなソバカスが二三あります。その他は良好。非常に珍しい広東型の網目文蕎麦猪口です。 サイズ: 口径 8.9cm 底径 5.3cm 高さ6.0cm 専門家によると、網目文の起源は縄文式土器の模様に遡るそうです。縄文土器の模様は、素材模様を生地に直接押し当てる他に、予め丸棒に彫刻を施しておいたり、糸や紐を巻き付けた丸棒を粘土上に転がして模様を着けていたということです。古伊万里における網目文の登場は、ラフなタッチで描かれた網目文様の染付椀が17世紀半ばに肥前・有田地域で焼かれたのが初めてのようです。器全体に網目文が描かれた蕎麦猪口は、徳川吉宗が将軍となった享保期 あたりに割筆と呼ばれる方法によって描かれた二重線のものが焼かれています。この蕎麦猪口のような一本線による網目文様は19世紀になって登場するようです。また、この蕎麦猪口は広東型であることから、製作年代は1800~1820年頃と考えられます。 142 Net Pattern Design Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Early 19th Century, Edo period Dia.: 8.9cm (top), 5.3cm (bot.) Hgt.: 6.0cm Condition: There is a small chip on the Kohdai platform. Otherwise it is fine. This is a very rare Guandong style net patterned Sobachoko. The origin of net pattern in Japan can be traced back to earthen wares made during the Johmon period (approximately 10000B.C.~ 400B.C.), according to experts. The patterns on the earthen wares during that period were engraved on clay with rolling pin which already had either carving on it or strings around it, besides pressing some materials directly on to the clay. In Arita region, Sometsuke bowl with roughly described net pattern was produced first in mid 17th century. Then as for net patterned Sobachoko with double lines appeared in the early 18th century. Net pattern with single lines on whole e area of Sobachoko were fired after 19th century. Also, since this one is a Guangdong style, it is thought that the period in which this Sobachoko was manufactured is approximately1800~1820s. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.