133 古伊万里 KOIMARI 蛸唐草文 蕎麦猪口
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

133 古伊万里 KOIMARI 蛸唐草文 蕎麦猪口

¥26,400 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*こちらの染付 蛸唐草文 蕎麦猪口は、おかげさまで売り切れとなりました。有り難うございました。 本体価格:¥24,000- <染付 蛸唐草文 蕎麦猪口> 時代:江戸中期、明和~寛政年間 状態:美品。胴体内側、見込み近くの内壁に数個のピンホールと若干のソバカスがあります。高台畳付きに極小の窯キズが見られますが、完品と言っても差し支えないでしょう。 サイズ:口径:9.3cm 底径 7.8cm 高さ:6.7cm 口径が⒐3cmある大振りの輪花型・蛸唐草文・蕎麦猪口です。見るからに堂々とした佇まいで、どっしりとした存在感は、まるで蕎麦猪口の王様のようです。口縁には口金がしっかり残っており、蛸唐草文は豪快かつ丹念に描かれています。その筆致は見る者に感銘さえ与えます。見込みの環状松竹梅文 (かんじょうしょうちくばいもん) は、18世紀の半ば頃から皿や蕎麦猪口などに表われ始めます。松竹梅のそれぞれが丁寧に描かれ、ダミ筆がそれらにボリュームを添えています。この蕎麦猪口が焼かれた時代は、環状松竹梅文の登場からさほどの間はなく、蕎麦猪口における環状松竹梅文の原形、或はそれにかなり近いものと思われます。 133 Tako-karakusa Arabesque Design Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Mid to Late18th Century, Edo Period Dia.: 9.3cm (top), 7.8cm (bot.) Hgt: 6.7cm Comment: Koimari porcelains decorated with Tako-karakusa arabesque patterns are very popular among Koimari collectors. This is a large size of Tako-karakusa Sobachoko with 9.3cm diameter. The Takokarakusa arabesque is elaborately depicted and the gold on the rim is still remained. The Mikomi mark on the bottom of the body is a lucky circular-Shochikubai-mon that appeared from the mid 18th century on Sobachoko, plates, etc. Each item of Shochikuba-mon is well depicted and it does not seem to have any contractions. Perhaps, this is the original figure of the circular-Shochikubai-mon mark, or very close to it. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.