68 古伊万里 KOIMARI 染付 四方襷・七宝繋 覗猪口
552322a8391bb3469d001dd7 552322a8391bb3469d001dd7 552322a8391bb3469d001dd7 552322a8391bb3469d001dd7 552322a8391bb3469d001dd7

68 古伊万里 KOIMARI 染付 四方襷・七宝繋 覗猪口

1,944 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

本体価格:¥1,800-

 <古伊万里 染付 四方襷・七宝繋 覗猪口>
 時代:江戸期・天明~文政年間 、1780-1810年代 
状態:三枚目の画像で見られるように、口縁にホツのような部分があり、そこに釉薬がかかっています。その左側にも同じく小さなホツ状のものがありますが、釉薬がかかっています。 サイズ:口径:4.3cm 底径 3.8cm 高さ:5.5cm 

四方襷文 (よもだすきもん) は蕎麦猪口の口縁模様としてお馴染みの文様です。元来メインの図柄を引き立てる役割を持った副次的な装飾模様です。一方、七宝文は一つの輪に四つの輪を規則的に重ねて出来た幾何学文様です。それを何度も連続したものを七宝繋文 (しっぽうつなぎもん) といいます。この四方襷・七宝繋文の覗き猪口と同じデザインの蕎麦猪口や広東碗型の蕎麦猪口が天明~文政年間 (1781-1830) に作られています。古伊万里にも人気、流行りというものがあり、特定の文様や形態が一定期間にわたって生産されています。その意味あいから、この覗き猪口も18世紀後半から19世紀前半あたりに焼かれたものと推定されます。

 68 Yomodasuki/ Shippoh-tsunagi Design Nozoki-choko, Koimari Sometsuke
 Period: Late18th~Early 19th Century, Edo Period Condition: As the third picture shows, there are a small chip-like thing on the rim and a tiny chip-like thing on the left side of it. Both of them are covered with glaze. Dia.: 4.3cm (top), 3.8cm (bot.) Hgt: 5.5cm Yomodasuki pattern is very familiar as an ornamental pattern used, for example, around rim of Sobachoko. It has a subordinate role and boosts a main drawing of the porcelain in general. Shippoh is a circular figure composed of four other rings, and Tsunagi means, in this case, linkage of multiple repetitions of the motif. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。
※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.