m-117 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 向付
54995e4e3cd482b3610000e0 54995e4e3cd482b3610000e0 54995e4e3cd482b3610000e0 54995e4e3cd482b3610000e0 54995e4e3cd482b3610000e0

m-117 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 向付

¥4,860 税込

送料についてはこちら

本体価格:¥4,500- * この芙蓉手 向付けは、複数個ございます。ご希望の個数をお選びくださいませ。程度の良いものから発送させて戴きます。 <古伊万里 染付 芙蓉手 向付け> 時代:江戸後期、文化~嘉永 状態:五客ともに完品。見込みにピンホールが一つあるものが1客、内側壁面にピンホールが一つ、二つあるものが2客。日常雑器として使われていたことから、高台に経年スレがそれぞれに見られますが、どれも程度のよい美品といえます。 サイズ:口径:8.3cm 底径 4.5cm 高さ:6.2cm(器によって多少誤差があります) 鳥と草花が描かれた芙蓉手調の向付けです。何の鳥か、何の草花か特定するのは難しいですが、六つの窓にそれぞれモチーフが目一杯に収まっています。口縁下の絵は大木の向うに拡がる景色を描いた風景画なのでしょうか、器を回してみると、パノラマ画のように見えてアイデアとしての面白みがあります。見込みの文様は線書きの環状松竹梅文。簡略化がかなり進んでいます。文化・文政期頃から蕎麦猪口によく見られる見込み文様です。*芙蓉手については、当ギャラリーショップの『47 染付 芙蓉手 花卉鳥文 輪花皿』の記述をご参考下さい。 m-117 Fuyohde-style Mukohzuke, Koimari Sometsuke Period: Early to Mid 19th Century, Edo Period Dia.: 8.3cm (top), 4.5cm (bot.), Hgt.: 6.2cm Comment: This is a Fuyohde-style Mukohduke cup with birds and plants drawn on outside. Though it is hard to figure out what kind of bird and what kind of plants, each motif is fully depicted within six windows. Drawings right under the rim seems a landscape of the large tree and beyond it. If you gradually turn the cup, the whole view would become panoramic and interesting as an idea. The Mikomi mark on the bottom of the cup is a simplified circular lucky Sho-Chiku-Bai, or pine-bamboo-plum. This is often seen on Sobachoko after early 19th century. * As to Fuyohde, please refer to the description of "e-47 Fuyohde Floral Design with Bird Rinka-plate, Koimari Sometsuke" in this gallery shop. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.