101 古伊万里 KOIMARI 染付 宝珠雲竜文
53c2060183f1539d17001120 53c2060183f1539d17001120 53c2060183f1539d17001120 53c2060183f1539d17001120 53c2060183f1539d17001120

101 古伊万里 KOIMARI 染付 宝珠雲竜文

4,950 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

本体価格:¥4,500- <染付 宝珠雲竜文 蕎麦猪口> 
 時代:江戸後期、天明~文政年間
 状態:口縁に細かいソゲのようなものが一つあります。クローズアップ画像で確認出来ますが、これは釉薬が載った窯キズのようにも見えます。本体内側に米粒大の膨らみがあります。ピンホールと同種の『プク』と呼ばれるものでしょう。これもクローズアップ画像で確認ができます。 サイズ:口径:8.3cm 高さ:5.9cm 底径 : 6.2cm

 1800年代始め頃に流行りだした線書きの染付け。これはその宝珠雲竜文の蕎麦猪口です。染付けは全体的に薄く、雲竜は若干、迫力不足かなという感もしますが、爪や鱗の描き方に線書きによる簡略化された素朴な印象も受けます。口縁模様は四方襷文、見込みは火焔宝珠 (かえんほうじゅ)、竜文の蕎麦猪口とセットになった見込み文様です。 

 101 Flying Dragon Design Sobachoko, Koimari Sometsuke
Period: Late18th to Early19th Century, Edo Period
 Hgt: 5.9cm Diameter: 8.3cm(top), 6.2cm(bot.) Comment: Line drawing Sometsuke had become in fashion from the beginning of 1800s. This flying-dragon Sobachoko is depicted by the technique. Sometsuke work is done with thin Gosu pigment overall, and that weakens presence of dragon to some extent. The Mikomi mark is called "Nyoi-gumo" or powerful clouds which normally comes along with dragon design Sobachoko. 
※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。
※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all handmade.