p-88 古伊万里 KOIMARI 染錦 獅子文 深皿
5366f62c236a1e1264001146 5366f62c236a1e1264001146 5366f62c236a1e1264001146 5366f62c236a1e1264001146

p-88 古伊万里 KOIMARI 染錦 獅子文 深皿

5,280 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

本体価格:¥4,800- 古伊万里 染錦 獅子文 深皿  時代: 江戸後期~幕末 状態: 無キズ、美品。 口縁の金色の縁取りがところどころカスれています。二客、それぞれの見込みに若干のピンホールと小さなシミが見受けられます。一客は口縁が心持ち楕円気味です。 サイズ (凡そ):口径:15.0cm 底径 9.8cm 高さ:5.0cm  古伊万里では龍や麒麟(きりん) のように、想像上の動物として獅子が登場します。獅子は百獣の王と言われるライオンを基にして考えられた架空の動物です。それゆえ威厳に満ちた風格を備えているものなのですが、この深皿の見込みに描かれた獅子はそういった一般的なイメージとは異なっています。どこか、はにかんだような、困惑しているような目つきはコミカルで愛敬さえ感じさせます。2客ともに同じ眼差しであることから、これは染め付け職人が意図的にそう描いたものでしょう。 p-88 Lion Design Fukazara plate, Koimari Somenishiki Polychrome Sometsuke Period: Early to Mid 19th Century, Edo Period Diameter: 15.0cm (top), 9.8cm (bot.) Hgt.: 5.0cm (approximately) Comment: In the world of Koimari, Shishi (Lion) comes out as a motif of Koimari porcelain as other fictional animals such as Dragon and Giraff appear. Lion is supposed to be the king of beasts, and therefore it should bear a kind of dignity. However, the Shishi on these plates look a bit different somehow from the conventional idea regarding what Shishi is like. Its facial expression shows shyness or embarrassement, which gives us comical feeling. Since each Shishi on those plates has the same type of eye expression, this was certainly something intended by a painting craftsman. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.