79-b 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 なずな文小皿
53280fb6236a1e0d0c000036 53280fb6236a1e0d0c000036 53280fb6236a1e0d0c000036 53280fb6236a1e0d0c000036 53280fb6236a1e0d0c000036

79-b 古伊万里 KOIMARI 染付 芙蓉手 なずな文小皿

¥2,376 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*こちらの染付 芙蓉手 なずな文小皿は、おかげ様で完売となりました。ありがとうございました。 本体価格:¥2,200- <古伊万里 染付 芙蓉手 なずな文小皿> 時代:幕末~明治期 状態: 在庫5客、全て無キズです。 サイズ:口径:10.6cm 高さ:2.0cm 底径 6.2cm *この小皿は複数枚ございます。お好みの枚数をお選び下さい。 この小皿のデザインは見込みに窓が6つあり、その外側に8つ、それぞれの窓に植物文が描かれています。植物はナズナの様にも見えますし、ハコベラの様にも見て取れます。この『捻り』(ねじり) が、かかったデザインはもともと『明~清』で造られた芙蓉手皿に着想を得ています。古伊万里の『なずな文』に対して、『明~清』のものは霊芝文 (れいし:キノコの一種) です。1999年にスンダ海峡(ジャワ島とスマトラ島の間)で発見された中国の貿易船テクシン号から引き揚げられた中国陶磁の中に、これと同様の中皿が含まれていました。そちらの方は内側の窓が4つ、外側が6つで霊芝文が描かれています。因みにテクシン号は1822年に難破、当時中国は清朝、日本は江戸の文政期でした。 p-79 Plant Design Fuyohde Style Kozara, Sometsuke, Koimari Period: Late Edo ~ Meiji Period Diameter: 10.6cm(top), 6.2cm(bot.) Hgt: 2.0cm Comment: The Mikomi area is divided into six windows and eight windows come around them. Each window has a plant motif. They look like shepherd's purse or chickweed. The design was inspired by Chinese porcelains manufactured during the Min and Ching dynasty. Whereas the Koimari applys shepherd's purse, Chinese originally picked up Reishi, a kind of mushroom, as its design motif. When a Chinese wrecked trader "The Tek Shing" was discovered in the Sunda strait between Jawa and Sumatra Islands in 1999, there were the similar type of plates salvaged, among a great number of other porcelains and things, from the wrecked cargo boat. Those plates had four windows on the Mikomi area and eight windows around them by the way. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand made.