78 古伊万里 KOIMARI 羊歯文 蕎麦猪口
531823608a56105076000012 531823608a56105076000012 531823608a56105076000012 531823608a56105076000012

78 古伊万里 KOIMARI 羊歯文 蕎麦猪口

9,900 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

本体価格:¥9,000- *こちらの羊歯文蕎麦猪口は、おかげさまで売り切れとなりました。有り難うございました。 <古伊万里 染付 羊歯文 蕎麦猪口> 時代:江戸期 享和~天保年間、1800 -1840年代 状態:無キズ、美品。 口縁に極小の釉抜けが一つ、見込みに降リモノが何カ所か見られます。因みに古伊万里の取引では、これらは無キズとして扱われます。 口径:7.8cm 底径 6.0cm 高さ:5.8cm 18世紀末頃、天明年間あたりから作られた珍しい羊歯文(ようしもん・シダ類)の蕎麦猪口です。見込みは岩波文です。もともとは火焔宝珠文(かえんほうじゅもん)や花文などと共に広東碗型の蕎麦猪口によく描かれた見込み文でした。しかし波が岩に砕け散る波しぶきを描いた当初の文様からは、かなり簡略化されており、波しぶきは見られず、岩波文と判定するのも容易ではありません。広東碗型の蕎麦猪口の衰退が1820年代に始まるのを受けて火焔宝珠文や花文などは見込み文様として姿を消してゆきますが、この簡略化された岩波文だけは依然として使われていたようです。 78 Fern Pattern Design Sobachoko, Koimari Sometsuke Period: Early19th Century, Edo Period Diameter: 7.8cm (top), 6.0cm (bot.) Hgt.: 5.8cm Comment: This is an unusual fern design Sobachoko with Iwanami mark on the Mikomi area, inside bottom. Iwanami was one of the most frequently used Mikomi marks along with "flower mark" and "sacred blazing-gem mark" for Guandong-style Sobachoko. However the mark design had been simplified in the course of time. In the early stage, the mark had waves and water splash around the rock. But this one does not show a water splash and actually it's hard even to figure out what it is. As Guandong-style Sobachoko startd fading out in 1820s, the Mikomi mark of "flower mark" and "sacred blazing-gem mark" disappeared as well, but not the Iwanami mark for some reason. ※古伊万里などの商品は手作りによる骨董品のため、カタチのゆがみ、色のむら、ホツ、ソゲ、ニュウなどある場合がございます。 ※Some of the items in this gallery shop may have cracks, chips or slight deformation, because Koimari is antique and they are all hand-made.